リノベーション物件の魅力について知ろう!|沖縄の不動産のことならGooHome

【沖縄版】住まい選びのお役立ち情報 【沖縄版】住まい選びのお役立ち情報

最近人気の「リノベーション物件」の魅力とは

2017年6月号掲載
最近人気の「リノベーション物件」の魅力とは

最近「リノベーション物件」という言葉を耳にすることが多くなりましたね。

リノベーションとは古い物件を今どきの人気のある形に修繕した物件のことで、一戸建てだけでなく、マンションやアパートにも取り入れられています。ここではリフォームとの違いやリノベーション物件の魅力をご紹介します。

「リノベーション物件」の魅力とは?

■リフォームとリノベーションの違い

これまで中古物件と言うと、リフォームが行われることが一般的でした。リフォームとは、基本的に間取りや設備はそのままで、壁紙の張替えや不都合がある箇所を元に戻し、新築時に近づくように修繕することです。それに対して、リノベーションとは建物の骨組み以外の部分に大規模な工事を施し、元の物件以上の機能に向上させることを言います。

すなわち、リフォームが建物の機能を回復させることをいい、リノベーションは建物の機能を今以上に向上させることを指します。

リノベーションは現代のニーズに合った修繕や付加価値の向上が見込めるため、現在注目されているのです。

■新築と比べると費用がお得

費用面で比較すると、中古物件を購入してリノベーションをしたり、リノベーション物件に賃貸で住んだりする場合のほうが、新築に住むよりもお得です。

例えば、中古物件をリノベーションした場合、新築と比べると費用がトータルで2割、3割安く済むこともあります。建物自体は古くても、部屋の中は新築と変わらないくらいキレイでおしゃれなデザインになるばかりでなく、自分好みに内装を変更することもできるので満足度は高くなるでしょう。これがリノベーション物件の大きな魅力の1つと言えます。

■立地の選択肢が広がること

新居を探す際、駅前や新しい物件は家賃も高く、価格も高いと思った経験もあるでしょう。逆に賃料や価格が安い物件を探そうと思えば、駅から遠かったり、生活に不便な物件だったり、なかなか想い通りの物件が見つからないものです。

そこで、リノベーションをすることを前提に中古の物件を探すと、希望通りの立地に物件が見つかる可能性が高くなります。駅の周りには古い建物が残っていることがあるため、中古の物件を選択肢に入れることで、立地の選択肢が広がります。立地については、新築の物件よりも魅力的に感じることも多いでしょう。

■思い通りに改装ができること
「リノベーション物件」の魅力とは?

新築物件はすでに完成しているものや、規格化・パターン化された物件が多いものです。新しい物件でも「何かもの足りない」と感じることもあるでしょう。

リノベーション前の中古物件を購入すれば、自分の好み通りのデザインや設計を行うことができます。住空間に自分らしさを表現できるのも魅力の1つです。

賃貸物件でも自分でリノベーション可能な物件もあります。賃貸物件を自分好みの部屋に変えることができるので大変人気です。

新しい住まいを探すとき、どうしても希望は新築で住みやすいものが欲しくなるものです。しかし、それを探すのは意外と難しいかもしれません。ひとつ視野を広げてリノベーション物件を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?