LifeLulu株式会社 与那覇 素直(よなは すなお)さん|沖縄の不動産会社インタビュー

不動産会社トップインタビュー 不動産会社トップインタビュー

読谷村の不動産会社:LifeLulu株式会社 | 与那覇 素直(よなは すなお)さんへのインタビュー 読谷村の不動産会社:LifeLulu株式会社 | 与那覇 素直(よなは すなお)さんへのインタビュー

ゆとりある業務スタイルで お客様とスタッフの“より良い生活”実現へ

LifeLulu株式会社 代表取締役与那覇 素直(よなは すなお)―― 2017年10月号掲載

今年7月にオープンしたばかりの会社をけん引。

最近は「庭で子どもと遊べるおもちゃ」に興味があるのだとか。

働き方改革推進中!

今年7月にオープンしたばかりの御社について、概要と経営方針を教えてください。

現在、私を含めて5名の社員で、賃貸物件の仲介をメインに、売買・管理なども扱っています。主な営業エリアは読谷村を中心とした中部全域と名護市です。

経営方針については、「従業員が充実した働き方ができるような環境作りをしたい」と考えています。
不動産業界では珍しいのですが、日・祝日と隔週で土曜日を定休日にし、残業もしない。仕事に追われない生活を従業員にしてもらいたいというのが一番です。ゆとりある環境の中で生まれた気持ちの余裕を、日々の接客に活かしてほしいというところです。

大型商業施設「シナジースクエア読谷」の一画に事務所を構える。社名は、お客さまや従業員のより良い(Lulu)生活(Life)を叶えたいという想いが由来。

大型商業施設「シナジースクエア読谷」の一画に事務所を構える。社名は、お客さまや従業員のより良い(Lulu)生活(Life)を叶えたいという想いが由来。

土日が定休日というのは珍しいですね。

表向きには残業なしとしていても、実態としては物件の仕入れや資料集めといった事前準備のために仕事量が増え、社員の拘束時間が長くなっている企業は少なくないと思います。
私は前職で課長を務めていましたが、部下に「休みを取れ」と言う一方で自身が休みを取ってなくて説得力が無かった。そういった休みが取りづらいような状況が無い会社を作りたかったんです。

近年、読谷エリアは注目度が高まっているので、業務量の調整が難しそうですが

恩納村も含めて、ホテルや民泊の需要が増えているので、それに関連して問合せも増えていますし、空家もひと頃に比べてだいぶ減ってきました。そんな中での調整は難しく、葛藤もありますが(笑)、今の体制をなるべく維持できるようにしています。
私自身が前職で仕事に追われていた経験があり、仕事と家庭を両立したくて独立したという経緯があります。子どもが増えたので、私自身が休みを取らないと家庭が回らなくなってきたんですね。

ちなみにお子さまは何人いらっしゃるのですか?

5人です。一番下は先日生まれたばかりです。

おめでとうございます!(笑)子だくさんですね!

中部の賃貸物件を手広く紹介

接客面での方針はいかがでしょうか。

弊社は自社物件がまだ少ないのですが、その代わりに他社の物件を手広く紹介しています。
A社の物件が合わなければB社、C社のものを……と選べるくらいの豊富な物件量を扱っていますので、お客さまの要望には応えられると思います。沖縄県南部では仲介専門の業者が多いのですが、中部は自社物件を扱う業者が多い。価格帯も手広く扱っていますので、さまざまな提案が可能です。同業他社との差別化が図れているのではないでしょうか。

従業員の方々に求めていることは何ですか。

過半数の従業員は不動産業が未経験で、彼らは現在、宅建士(宅地建物取引士)の資格取得に向け勉強中。
なので、まずは資格を取ってほしいですね!

未経験者をそろえた理由を教えて下さい。

この業界は宅建士の資格を持っていないと採用されにくいのですが、取得を目指す姿勢が好きなので採用しました!
業務内でかかわるすべての事が初めての経験なので、意欲的に取り組んでいますね。年代も分けて採用しました。上が40代で、最年少は19歳です。

年代もバラバラだと、色んなアイデアが生まれそうですね

私自身、会社経営は初めてなので他の会社のような「決まり事」がない。年齢の差はあっても全員が同期入社。
なので、何をやるにも一度5人で意見を出し合って、最終的には多数決で決めていきます。

5名のスタッフがお客さまを温かく出迎える。アットホームな雰囲気も魅力の一つだ。

5名のスタッフがお客さまを温かく出迎える。アットホームな雰囲気も魅力の一つだ。

会社経営をされている今、改めて発見したことなどはありますか。

人付き合いの面で感じることは多いですね。前職を辞めて独立すると話をした時に、今まで付き合いのあった方々から連絡をいただいたり、物件を提供していただいたりとすごく助けてもらっています。改めて人付き合いは大事だなと感じています。

活況が続く沖縄の不動産取引ですが、この現状をどのように捉えていますか。

活性化していますが、こわいなと感じる部分もありますね。特に投資物件は強気の売りがあり、値段が高騰化していてちょっと心配だなという印象です。
読谷の現状では、民泊がすごく流行っていて、成功しやすい雰囲気があります。規制があるので難しい部分もありますが、賃貸物件などを活用できるようになれば、空室の解消になるのではないかと思います。

知名度アップで 目指せ仲介の第一人者

御社の将来の展望についてお聞かせください。

仲介会社としての知名度を上げていきたいですね。
「仲介と言えばLifeLulu」というくらいに、メジャーにしていきたい。それができたら管理物件を増やし、売買部を設立し、総合不動産までやれるようになれたらと思いますね。

ちなみに社内で「こういうことがしたい!」という意見は?

「意見は自由に」と言っているのですが、まだ出てこないですね(笑)。意見があればすぐ聞きたいですね!

最後に、与那覇代表についてお伺いします。何か趣味などはありますか?

今は子育てが中心ですね。去年までは仕事でできなかった分、一緒に遊んだり送迎したり色々やってます。それと、男の子が生まれたので、ゆくゆくは私が好きなサッカーをさせたいですね!

LifeLulu株式会社

LifeLulu株式会社

所在地

沖縄県読谷村大湾356番地

営業時間

10:00~18:00

定休日

第2・第4土曜、日曜、祝祭日

お問合せ

通話無料0066-96837-597955

会社の詳細を見る

インタビュー一覧へ戻る