有限会社日研住宅 多和田 勝(たわた まさる)さん|沖縄の不動産会社インタビュー

不動産会社トップインタビュー 不動産会社トップインタビュー

宜野湾市の不動産会社:有限会社日研住宅|多和田 勝(たわた まさる)さんへのインタビュー 宜野湾市の不動産会社:有限会社日研住宅|多和田 勝(たわた まさる)さんへのインタビュー

「感謝」「称賛」「因果応報」の三本柱

有限会社日研住宅 代表取締役多和田 勝(たわた まさる)―― 2018年01月号掲載

趣味はゴルフ。

座右の銘として「因果応報」を掲げる。

IT進化しても人間関係を大事に

はじめに、御社の概要についてお聞かせください。

現在10名のスタッフで、賃貸の斡旋・管理、売買の買取・仲介を主な業務としています。営業エリアは地元の宜野湾市を中心に、中城村や西原町なども含みます。

御社の経営方針を教えてください。

創業当時から「感謝の心」「称賛の気持ち」「因果応報」を掲げていますが、特に「因果応報」ですね。やったことは必ず返ってくるというのは日ごろからスタッフにも話しています。どんなにITが進化しても、人間関係は変わらずこれからも続きますので、コミュニケーションは大事にしてもらいたいということです。また、「称賛の気持ち」を持つことは成長に繋がると考えています。

御社のホームページに学生向け物件の案内がありましたが、実際に学生のお客さまが多いのでしょうか。

学生街なので繁忙期の3~4月は学生のお客さまが多いですね。しかし、学生の入居者は年々減っている印象があります。

少子化や景気の問題などの影響がありそうですね。

学生向けアパートの今後の課題として、空室に対してどのような提案ができるかという点は弊社も含めて考えないといけないですね。また、生活保護者への対応も課題です。行政・民間が連携して取り組めば、決して不可能ではないと思います。一棟丸ごと居住支援の為に使用できる施設を、というのも個人的な構想として持っています。

“一生に一度”の出会い 「不動産業」の魅力

創業29年目に入った、御社の強みについて教えてください。

一つ言えることは、お客さまから信頼されてきたことが大きい、ということです。続けることの難しさが多くある中、信頼されるような企業に育ってきたのかな、と。また、宜野湾・中城地区宅地建物取引業者会(以下、宜野湾・中城業者会)として行政と連携を強め、信頼を得てきたことも大事な要因と感じています。

信頼を得るために心がけてきたことは、なんでしょうか。

まずは弊社のスタッフを幸せにしたい、と。楽しく、笑いがある職場にしたいと心がけてきたことが、信頼に繋がっていると思います。

明るい雰囲気がお客様にも伝わるということですね。

また、弊社では昨年から週休2日制を導入しました。この業界ではなかなか難しいのですが、「誰もやっていないことをやる」というのが好きで、実践に繋がった。休養はモチベーションにも関わるので、この動きが業界の手本になれたらいいですね。

創業29年の実績

国道330号線沿い、宜野湾記念病院のそばに事務所を構える。創業29年の実績が心強い。

ぜひ普及してほしいですね。

これをきっかけに、若い方にもどんどん不動産業に興味を持ってもらいたいフレッシュな業界にしたいですよね。

では、若い方に不動産業の魅力を伝えるとしたらどのようなことを?

住居は生活の拠点でもあり、人生でも一番大きな買い物になる。そういった“一生に一度”の出会いに魅力を感じてほしいですね。

構想実現へ。行政と連携強化も

御社の将来の展望についてお聞かせください。

居住支援施設の構想を実現したいという大きな夢がありますね。小さな子どもからお年寄りまで、居住に困っている方を支援できる空間づくりは課題だと思います。誇大妄想ではありますが(笑)。

現状を打破するには型破りな発想も必要ですよね。

行政ともしっかり関わっていかないと難しいですが、大きな野望を持っていますよ(笑)。宜野湾・中城業者会は現在、宜野湾市役所と提携して不動産取引の無料相談会を月1回開催しています。こういったところから一つ一つ、繋がりを深めていきたいですね。

ぜひとも実現してほしいと思います。本日はありがとうございました。

有限会社日研住宅

有限会社日研住宅

所在地

沖縄県宜野湾市宜野湾3-3-10

営業時間

10:00~18:00

定休日

日曜日(3月は日曜も営業)

お問合せ

通話無料0066-96837-173731

会社の詳細を見る

インタビュー一覧へ戻る