株式会社 山商 新垣 清(あらかき きよし)さん|沖縄の不動産会社インタビュー

不動産会社トップインタビュー 不動産会社トップインタビュー

那覇市の不動産会社:株式会社 山商|新垣 清(あらかき きよし)さんへのインタビュー 那覇市の不動産会社:株式会社 山商|新垣 清(あらかき きよし)さんへのインタビュー

創業34年育ててきた人との繋がり

株式会社 山商営業新垣 清(あらかき きよし)―― 2017年07月号掲載

「日々勉強」をモットーに、いつでも謙虚な姿勢を絶やさない。

休日は4児のパパとして、子どもたちの成長を見守る。

創業34年迎える やる気集団

はじめに、御社の概要について教えてください。

社員数は現在、岸本社長を含めて4人。不動産全般の売買を専門に行なっています。営業エリアは県内全域ですが、離島もお話をいただけましたら、対応いたします。

それでは、御社の経営方針をお聞かせください。

人との繋がりを大事にすることです。お客様の話は全部聞く、その姿勢をきちんと守っていくということですね。

お客様の要望を否定せず、しっかり耳を傾けていく、と。ところで、御社は昭和58年の創業から今年で34年になりますが、今日まで長く続けてこられた秘訣は。

長く続けてきた分、知識や人脈が豊富なのは強みになっていますね。それと……社員みんながやる気集団なので(笑)。人を大切にするという想いが根付いているので、5年後、10年後もまたお付き合いできる雰囲気があるのかな、と思います。

不動産業界は人の入れ替わりが多いイメージがありますが、弊社はずっと一筋で勤めてきた方が多いんです。先月末には、三十余年勤めてきた二人の社員が定年退職を迎えました。

御社なりのペースを守って営業されてきたことも秘訣になっているのですね。

岸本譲社長を筆頭に、不動産売買のベテラン達がお客様を温かく迎える。

岸本譲社長を筆頭に、不動産売買のベテラン達がお客様を温かく迎える。

“お客様のため”が第一 横の繋がりも大事に

では、新垣さんがこれまで勤めてきた中で印象深いエピソードはありますか。

弊社は「(物件をどんどん)売ってこい!」という感じではなくて。

お客様が本当にどういうものを求めているのか、役に立つのかというのが弊社の基本的な視点、お客様のためになることをしっかり考えて話をまとめて、お客様に判断してもらうというスタイルが確立している。
営業でよくありそうな「数字(売上)を取ってこい!」という雰囲気がないことにびっくりしましたね。

あくまでもお客様中心の考え方、ということですね。

ついこないだも結構大きな額の物件の契約のために社長と一緒に大阪へ行ったのですが、その時に話が平行線に入ってきたんです。そこでの社長の判断が「(今すぐ契約を)やらなくていいから、(お客様が決断できるまで)考えてもらってからまた伺えばいい」っていう(笑)。経費を使って訪ねていても、何が何でも契約を取りに行くっていうスタンスにならないんです。

不動産は誰かに勧められて買うものではなく、お客様自身が気に入った物件を購入するもの。なので、一つの物件について熱心に説明するよりも、いかにたくさんの情報を発信していけるかというのが重要だと思いますね。同業者の方々とも仲良くしてもらっているので、そういった横の繋がりも活用して情報を広げていきたいですね。

業者同士のネットワークも大切ですね。

(同業者からでも)問合せを受ければきちんと調べて回答します。そういったのも後に繋がればな、と。岸本社長も、来る者拒まずで儲けにならないことも引き受けたりしますし。それが5年後、10年後、必ず活きてくるよという考え方ですね。「儲からない時は儲からなくてもいいじゃん」っていう(笑)。

度量の大きさを感じますね(笑)。

人同士の繋がりが基軸 好況でもスタンス貫く

さて、沖縄の現状について伺いたいのですが、現在、県外や海外から物件を探している方が多くいらっしゃると聞いています。

弊社にも問合せを多く頂いてます。県外大手企業や海外の富裕層の方々から、オーシャンビューの物件や那覇市内の物件などを探しているというのが主な内容です。なかでも、収益物件や事業用物件を求められている方々がほとんどですね。

沖縄への注目が高まっていると?

物流事業の整備が進んでいることや人口増加、企業進出などいいニュースばかり。一時期、周囲に沖縄の悪い要素がないか聞いていたのですが、全く出てきませんでした。実は全国的に人口の多い地域の地価は上昇しているのですが、沖縄に関しては人口の少ない地域も上がっています。将来性で見ても、今の沖縄にマイナス要素はないですね。

メディアなどがもっと大々的に取り上げるようになったら、その時期で折り返しになるのではないかと個人的には感じています。

なるほど。

離島の高額物件も以前に比べると売れるようになっています。この2~3年は、半年後の動向が読みにくくなっていますね。

この現状を踏まえて、御社の今後の展望などは。

弊社は今のスタンスを淡々と貫くのみです。不動産業は商売ありきというよりも、人が大事。人との繋がりをしっかりと守って、5年後、10年後にもいい関係を保っていけるようにしたいですね。

株式会社 山商

株式会社 山商

所在地

沖縄県那覇市牧志3-22-22 コーポ並里101

営業時間

09:00~18:00

定休日

日曜、祝日、年末年始

お問合せ

通話無料0066-96837-457001

会社の詳細を見る

インタビュー一覧へ戻る