有限会社大光不動産 平安座 紳(へんざ しん)さん|沖縄の不動産会社インタビュー

不動産会社トップインタビュー 不動産会社トップインタビュー

宜野湾市の不動産会社:有限会社大光不動産 平安座 紳(へんざ しん)さんへのインタビュー 宜野湾市の不動産会社:有限会社大光不動産 平安座 紳(へんざ しん)さんへのインタビュー

創業39年。アパート満室化へ全力サポート

有限会社大光不動産
代表取締役
平安座 紳(へんざ しん)── 2020年10月号掲載

賃貸管理では、貸主さま・借主さまへのサービス満足度を追及すべく挑戦する姿勢を貫く。
地域の方々に必要とされ、社員やスタッフが常に笑顔で働ける職場環境を提供します。

豊富な実績で空室対策に自信

真栄原交差点から西原町向けに車で1分。オレンジ色の看板が目印。
真栄原交差点から西原町向けに車で1分。オレンジ色の看板が目印。

── はじめに、御社の概要についてお聞かせください。

社員数は8人で、賃貸管理をメインに不動産売買業務や任意売却のご相談を承っています。宜野湾市を中心に、浦添市や西原町、中城村などが主な営業エリアです。

── 御社の経営方針について教えてください。

弊社はアパート管理がメインの業務なので、空室をいかに解消し満室化するか、任せていただいている家主さまの不動産収益を最大化することを一番の使命に掲げています。

2020年7月時点で弊社管理物件の入居率は98.5%。そのうち築15年以内の物件については入居率100%となっています。加えて、日常の清掃や管理業務をしっかりと継続し、家主さまに代わって物件の維持保全に努めることも大切ですね。

── 管理業務で心掛けていることなどはありますか。

家主さまの中には「アパートが多くなってきたから仕方がない。」「空室はあって当たりまえ。」などのさまざまな理由で、満室にすることを諦めてしまっている方が少なからずいらっしゃいます。

弊社ではその根底にあるマイナスイメージを取り払い、空室をいかに減らしていくかを家主さまとともに解決していくよう努めています。

また、借主さまに対しても小さな相談事でもスピーディに対応していくことを心掛けています。お仕事が休みの日にお部屋探しや室内外の修繕相談などの連絡がくることが多いので、弊社は日曜・祝日も営業し、お部屋探し・相談などについて迅速に対応する体制を整えています。

── 賃貸物件には当然、築年数の長い物件も多くあると思います。そういった物件の空室を解消するためにどういった取り組みをされていますか。

どんな物件にも対応できる画期的な策というのはありません。しかし、それぞれ物件の個性や特質を一つ一つ見極め「この物件では何をすべきか」をしっかりと考えていくことが重要です。

その中でもしリフォームが必要となれば、リフォームを専門としている提携企業がありますので優先的に対応していただいています。また、入居時の契約金を抑えたプランをご用意するなど取組みはさまざまです。

── では、御社の強みについて教えてください。

弊社は今年で創業39年を迎えることができましたが、創業以来、地道に営業を続けお客さまとの信頼関係を築いてきたことは社歴ゆえの強みだと思います。

しかし創業の長さとはうってかわって、20~30代のスタッフが多く若く活気に溢れていますので、スピーディーな対応にも定評をいただいております。

初心を忘れず、常に挑戦し続ける企業を目指して

── 御社は任意売却相談室を設けているとのこと。具体的にどういったものでしょうか。

弊社では任意売却支援を専門としたファイナンシャル・プランナーが個別に相談できる窓口を設置しております。

数年ほど前から任売の認知度が高まっており、弊社に直接ご相談に来られるお客さまが増えてきた印象がありますね。任意売却…住宅ローン等の借入金が返済できなくなった場合、売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産を、金融機関の合意を得て売却する方法のこと。

── ご相談の内容はどういったものが多いのでしょうか。

住宅ローンが払えなくなったという点は共通していますが、その原因はお客さまによってさまざまです。 その中でも多いのが、転職などによって収入に大きな変化が生じてしまったというケース。

この度のコロナ感染症が個人等の収入に大きな打撃を与えている状況ですので、2~3年後に大きな影響を与えるのではないかと専門家の間で予測されています。それに先立ち、弊社でも対応の準備を整えているところです。

任意売却は不動産業の中でも特殊な業務。金融機関や司法書士ならともかく、不動産業者の中で精通している企業はあまり多くないと思います。

公共機関や金融機関との交渉など時間は掛かりますが、お客さまの将来を見据えたお手伝いをしたいと考えています。

── 誰かに相談しづらい内容だけに、御社の経験と知識が心強く感じます。

難しい話なので、そもそも誰に相談すればよいのか分からないというお客さまも多いと思います。

アパートの空室問題も任意売却相談についても一貫して言えるのは「困っているお客さまのために当社がどのようにお役に立てるか」ということですね。

── 御社は来年に40周年を迎えますが、今後の展望などはございますか。

弊社は創業以来、賃貸管理会社として成長してきました。来年の40周年を迎えることができるのも、地域の方々に支えられた結果であり、感謝の念に堪えません。

今後も「挑戦し続ける企業」として、地域の方々や弊社に関わって下さる方々の為に、安心と信頼を提供し「大光不動産に任せたら間違いない!」と言われる、必要とされる企業であり続けたい思います。

スタッフやお客さまに支えられ成長

── では、平安座代表ご自身についてお伺いします。好きな言葉や座右の銘などはありますか。

「これだから不動産業は面白い!」という言葉は好きですね。

不動産業はさまざまな案件を対応し経験を深めていっても、常に新しい発見があります。「前はこうだったから大丈夫」と思ったら、隠れた問題点があったりするものです。

難しい案件をまとめて喜ばしい時も、大きな課題に直面し頭を悩めている時も「これだから不動産業は面白い!」という言葉を思い出し、「よし!頑張るか!」と気合を入れ直しています。と言っても、私自身まだまだ経験が浅いので、新しい発見があるのは当たり前なんですけどね(笑)

何事もプラスの発想で捉え、常に知識と経験のブラッシュアップに努めたいと思っています。

── 「これだから不動産業は面白い」。良い言葉ですね!ところで、平安座代表はすごくお若い印象がありますが……。

今年で29歳になります。20歳でこの業界に入り、賃貸管理会社・売買専門会社を経て、現在に至ります。

── お若いですね!代表となってからの苦労や楽しさを感じたことなどはありますか。

25歳の時に代表になりましたが、まだまだ未熟な面が多い所もあって、周りのスタッフやお客さまに支えられてきて現在までやってこれたという感じです。

── 最後に、今後やってみたいこと、興味があることはありますか。

仕事の話になりますが、現代の相続の在り方について勉強したいと考えています。

顧問の税理士や司法書士がいますので会社としての相続相談の対応はできるのですが、あらかじめ知識があれば対応できることも増えると思いますので、学んでいきたいですね。先日も顧問税理士を招いて、民事信託についての勉強会を実施しました。

今、何が必要とされているかを市場にアンテナを張って、今後も必要とされる企業であり続けたいと思います。

── 本日はお忙しい中、ありがとうございました!

有限会社大光不動産

有限会社大光不動産 有限会社大光不動産

所在地

沖縄県宜野湾市真栄原1丁目3番9号

営業時間

09:00~18:00(平日)
10:00~17:00(日・祝日)

定休日

年末年始・お盆を除き、年中無休

お問合せ

通話無料0066-96837-372807

会社の詳細を見る