MARU不動産 比嘉 真利奈(ひが まりな)さん|沖縄の不動産会社インタビュー

不動産会社トップインタビュー 不動産会社トップインタビュー

沖縄市の不動産会社:MARU不動産 比嘉 真利奈(ひが まりな)さんへのインタビュー 沖縄市の不動産会社:MARU不動産 比嘉 真利奈(ひが まりな)さんへのインタビュー

子育ても経営も奮闘中!目指すは地域密着型

MARU不動産
代表
比嘉 真利奈(ひが まりな)── 2019年11月号掲載

中学の頃からマッサージが得意で、周りからの評判も上々。

社名は愛するお子さんから取ったものなのだとか。

「失敗でもいい経験」。家族の後押し受け創業

黄金森公園南から県道86号に入り、車で約3分ほど行くと見える青い看板が目印。成約のお客さまに引越し用の車両を無料レンタル中とのこと。
黄金森公園南から県道86号に入り、車で約3分ほど行くと見える青い看板が目印。成約のお客さまに引越し用の車両を無料レンタル中とのこと。

── 2019年5月にオープンしたばかりということで、白を基調にしたオフィスが鮮やかですね。現在は比嘉代表がお一人で運営されているとのことですが、どういった業務内容を?

現在はアパートや店舗、駐車場等の管理、リフォームのご相談、土地・建物の売買仲介などを承っています。

── 営業エリアは南城市が中心ですか?

そうですね、現在は南城市が中心です。後々は八重瀬町や南風原町にもエリアを広げていけたら、と考えています。

── 創業のきっかけについてお聞かせください。

元々は別の不動産会社の方で6年ほど勤めていたのですが、いつかは自分で会社を持ちたいというのがあって。そんなところで、家族が後押ししてくれたのが大きかったですね。

正直なところ一歩踏み出すことに不安もあったのですが、自営業をしている夫からも「成功しても失敗してもいい経験になるよ」と背中を押してもらって。その一言で怖さが無くなりましたね。

── 周りの方々も応援してくださったのですね。

開業することで自分のやり方を色々試せるかな、と思います。開業以来、女性のお客さまが多くいらっしゃって、店舗経営を考えている方、アパートを探している方、家主の方……、同じ女性なので安心して相談できるといって訪ねてくださっています。

社会全体をみるとまだまだ女性が弱い立場にあることも少なくないので、そういった時にサポートできるような、女性の役に立ちたいなというのはありますね。不動産の話に限らず、ちょっとしたお話からコミュニケーションを重ねていけたら、と思います。

仕事と子育て両立。経営は地域密着型目指す

── 比嘉代表は現在子育ての真っ最中でもあるとか。

いま2人の子どもがいまして、もうすぐ3人目を出産予定です。家族や周りの方々に色々協力してもらいながら仕事をしていますが、出産後は子育ても仕事も、しっかり両立していきたいなと。

── 子育ての経験も仕事に活かせられますよね。ところで比嘉代表は南城市が地元ということですが、創業は地元でと決めていたのですか?

はい、昔から親しくしている方も多いので、地元でというのはありました。不動産でいえば、相続の話などプライベートに関わるものもありますが、そういったところも親身になってご相談いただけたらな、と。そのためにはもっと信用を得ないといけないなと感じます。

── お客さまにしてみれば秘密厳守は当然ですが、地元をよく知っている相手に相談できれば話が伝わりやすく、安心感がありますよね。

やはり地域密着といいますか、地元のことは第一に考えたいですね。

── 地域といえば市内にも不動産会社が多くありますが、そういった同業の方々との繋がりなどもあるのですか。

同業者で協力していただいてる方もいて、助けられている面も多いですね。前職も同じ市内の不動産会社なのですが、その時にお世話になった社長も私の独立をすごく応援してくださっています。お客さまからも「今は種まきの時期だよ」と励まされています(笑)。

MARU不動産を含む11社が優良会員に認定された
9月3日、県不動産流通機構が第4回優良会員認定証授与式を開催しました。今回の授与式でMARU不動産(南城市)を含む11社が、新たに優良会員の認定を受けました。

── 周りのサポートも温かいですね。比嘉代表の人柄もあるのかなと感じます。さて、御社はこの度、沖縄県不動産流通機構の優良会員認定を受けられたそうですね。

はい。今後長く経営を続けていくためには必要かな、と。今でも不動産会社に対して良くないイメージをお持ちのお客さまにも、きちんとルールを守って営業をしているというアピールにできればと思います。認定を受けるために様々な研修もあったのですが、勉強になった点が多かったのも収穫でしたね。

営業拡大は地道に。将来は司法書士に挑戦

── 将来の展望についてお聞かせください。

ゆっくりのペースでいいから、自社物件を増やしていけたらと思います。それと、サポートが必要な方々の入居について、お客さまと家主さまを繋ぐ力添えができればと思いますね。子育てもありますので、地道に少しずつ、といった感じですね。

── できることから少しずつ、と。

そしてもう一つ、以前に司法書士の勉強をしていたことがありまして。その時は難しくて宅建士の資格取得を優先したのですが、ゆくゆくは再チャレンジしたいですね。成年後見人などについても知識を深めたいと思います。

── 身近な問題もあらゆる角度からお客さまをサポートしていく、ということですね。

話は変わりますが、実は開業の前にグーホームのウェブサイトでトップインタビューのバックナンバーを読んでいたんです。その時に沖縄アリス不動産の代表の記事を見つけて、開業のアドバイスが聞けたらと思って、直接連絡したんです。

突然の連絡だったのに時間を作っていただいた上にたくさん話を聞いていただいて、開業の後押しもしてもらいました!このことがきっかけで、今でも連絡を取り合うようになっているんですよ。

── このインタビューが縁をつなぐきっかけになったんですね!ありがとうございます!

MARU不動産

MARU不動産 MARU不動産

所在地

沖縄県南城市大里仲間97-2

営業時間

10:00~17:30

定休日

-

お問合せ

通話無料0066-96837-226998

会社の詳細を見る