株式会社Reve 福原 文人(ふくはら あやと)さん|沖縄の不動産会社インタビュー

不動産会社トップインタビュー 不動産会社トップインタビュー

那覇市の不動産会社:株式会社Reve 福原 文人(ふくはら あやと)さんへのインタビュー 那覇市の不動産会社:株式会社Reve 福原 文人(ふくはら あやと)さんへのインタビュー

唯一無二のパートナーと二人三脚!「マクトゥー」の精神で真摯な接客

株式会社Reve
代表取締役
福原 文人(ふくはら あやと)── 2021年06月号掲載

趣味の一つにDIYを挙げるが、造るものは「倉庫用の小屋」とかなり大掛かり。
いずれは「3人の息子たちにも教えたい」と語った。

ネットワークを活かし、アフターまで懇切対応!

松川交差点から坂下通りを首里向けに上り、車で1分。「R」の文字をデザインした看板が目印だ。
松川交差点から坂下通りを首里向けに上り、車で1分。「R」の文字をデザインした看板が目印だ。

── はじめに、御社の概要について教えてください。

弊社は昨年の立ち上げ以来、スタッフの邊土名と2名で運営しており、土地建物の仲介をメインに、エアコンの取付・清掃を主な業務としています。
営業エリアは那覇・浦添・宜野湾が中心ですが、お客さまのご要望があれば本島・離島どちらでも柔軟に対応いたします。

── 御社ではグーホームの注文住宅相談サービス「auka(アウカ)」を活用されていますが、建築などについても相談は可能なのでしょうか。

私たちは、過去に土地活用のコンサルティング会社に勤めており、その経験を基に対応させていただいています。
建築会社や管理会社などのネットワークもありますので、弊社が仲立ちとなってお客さまのサポートができればと思います。

私自身は建設現場での経験があり、工期に対する遅れが生じないよう無理やムダを無くすための環境づくりを行っています。

── お客さまや現場スタッフの不安を取り除くための行動を下積みの時から心掛けていたのですね。

コンサル会社に勤めていた時の上司の教えや、経験が大きく影響していると思います。

特にお客さまとの関係は、「建てたら終わり」にならないようにしたい。
お客さまが立てた計画を実現するためには、「建てる前」、そして「建てた後」もしっかりとお手伝いすることが重要だと思っています。
例えば物件の周辺調査を行う場合は、自分で現地を歩き、自分の目で確認する。

弊社が持っている知識や経験、ネットワークを積極的に活かしてお客さまの不安を解消し、喜んでいただけるような行動を心掛けていきたいですね。

── ちなみに、現在どういった専門業者との提携があるのでしょうか。

建築関係であれば、リフォーム業者や電機会社、左官屋、ハウスクリーニング……お客さまに何かお困りごとがあった時には、自信を持って紹介できるだけのネットワークはあります。
お客さまに「いい業者を紹介してもらった」と喜んでいただければ嬉しいですね。

『夢』の実現へ向け、パートナーと二人三脚!

── 話をお伺いしていると、「お客さま第一」の考えを追求されているなと感じます。

実際に接客をしていると、オーナーさまが十分な情報を得ていないと感じる場面が多い。
例えば、土地を売却したいという話があった時でも、物件が持っている価値を活かしきれていなかったり、手放すにはタイミングが早くて余計な税金の負担が生じてしまう可能性がある、といったことがありました。

そういった「気付き」があれば、しっかりと説明してオーナーさまが後でガッカリしないようにしたい。
お客さまにはウソをつきたくないですし、「ちゃんと説明してもらったから、あなたたちに任せたい」という言葉をいただけたら、私たちも後悔することなく仕事ができます。

商談の結果、弊社の利益に繋がらなかったとしてもチャンスを逃したとは感じませんし、お客さまが「良かった」と思ってくれたら、いずれ「返ってくるものがあるのかな」と考えます。
『恩返し』という言葉が好きです!

── なるほど!

エアコン取付や修繕の時にも、つい余計な説明をしてしまうんですよ(笑)。
故障の原因や再発を防ぐ方法をその場で伝えるようにしています。
すると「初めて知った、ありがとう!」と言って喜んでいただけることが多いですね。

弊社設立時に、邊土名と私が「やりたい事を実現できる環境を作り、互いの夢を叶えていきたい」と話しました。
そして、オーナーさまにも同じように夢があると思いますので、それを叶えていくお手伝いをし、喜んでいただけるような仕事をしたいですね。
そのために、私たち2人が持っている知識やノウハウをどんどん活かしていけたらと思います。

── その思いが社名『Reve(仏語で夢という意味)』にも繋がるんですね!

社名や「夢を叶え、地域に活きる企業でありたい」という理念は2人で決めました。
仕事を重ねていくにつれて、より密接になっていると感じます。

── おふたりの会社に懸ける思いや、絆の強さを感じるお話ですね。

邊土名とは以前の職場が一緒で10年以上の付き合いなのですが、絶対的な信頼を置いている大きな存在で尊敬しています。

彼を一言で示すなら、「マクトゥー(沖縄方言で誠実な人の意味)」。
私自身、お客さまから「あなた、マクトゥーだね」と言われたことがありますが、その経験があったことで、彼の誠実さをさらに強く感じます。
自分もそう言われ続ける存在になりたい。

彼もまた、物販業や飲食業で店長を務めるなど、さまざまな業種での経験があるので、それぞれの経験値を弊社の強みにしていきたいですね。

── ちなみに、那覇市松川に拠点を置いたのはなぜですか?

2人の住まいの中間地点だったことと、以前の職場が近くでなじみのある地域だったことですね。
設立した当初は1階のピザ屋さんの香りがすごくて、誘惑に負けないように仕事をしていました(笑)。

自身の経験活かしコンサルにも意欲を!

── さて、今月で一周年を迎えた御社ですが、今後の展望は。

現在の事務所が2階にあるのですが、よりお客様が利用しやすいように、いずれは路面店に移りたいです。
ただ松川という地域も好きなので、離れがたい気持ちもありますね。

事業としては、今ある基盤業務を固めるのが第一と考えています。
それと並行して、私たちが培ってきたさまざまな業種での経験をコンサルティングという形で、お客さまの店舗経営のサポートしていけたらというイメージもあります。
お客さまの要望に応えていける企業になりたいですね。

── 最後に福原さま自身についてもお聞きしたいのですが、休みの日はどう過ごしていますか?

どうしても仕事中心になってしまうので、休日は家族と過ごす時間にしています。
料理が好きなので、日曜日は私が家族のご飯を作りますね。
平日でも、朝ごはんや行事の時の弁当を作りますよ。

家族の存在があるからこそ、仕事ができているという想いがあるので「休日は家族のために」と思います。

── 本日はお忙しい中、ありがとうございました!

株式会社Reve

株式会社Reve

所在地

沖縄県那覇市松川445-2 オーシャンパレス首里203号室

営業時間

09:00~18:00

定休日

土日、祝祭日、年末年始

お問合せ

通話無料0066-96837-119740

会社の詳細を見る