株式会社てぃーだカンカン不動産 浜元 伸(はまもと しん)さん|沖縄の不動産会社インタビュー

不動産会社トップインタビュー 不動産会社トップインタビュー

沖縄市の不動産会社:株式会社てぃーだカンカン不動産 浜元 伸(はまもと しん)さんへのインタビュー 沖縄市の不動産会社:株式会社てぃーだカンカン不動産 浜元 伸(はまもと しん)さんへのインタビュー

売買専門店ならではの強みでお客さまを総力サポート

株式会社てぃーだカンカン不動産 具志川店 店長浜元 伸(はまもと しん) ── 2016年03月号掲載

スポーツジムのトレーナーを経て不動産業界に飛び込んだ経歴を持つ。
2016年を「成長の年」とし、意欲に燃える。

社員一人ひとりの「自立」がキーワード

── はじめに、御社の概要についてお聞かせください。

宜野湾市の本店を中心に、北谷と具志川の3店舗を構えており、併せて12人の社員が在籍しています。各種不動産の売買専門店として中部一帯を中心に、那覇の新都心や泊などの物件の仲介を承っております。

── 社名の「てぃーだカンカン」というフレーズが親しみやすいですね。

ご来店いただいたお客さまのお子さまにもよく覚えていただいています。また、マスコットキャラクターの「カン太くん」もお客さまから好評で、弊社に欠かせない存在になっていますね。

── 御社の経営方針を教えてください。

弊社の本店と支店で共通のキーワードとして掲げているのが「自立」です。その根底には「社員一人ひとりが自ら考え、行動してほしい」という社長の考えがあり、社員それぞれが自立的に考えて行動するという意識を強く持って業務に当たっています。ただし社員教育についても疎かにはしておらず、社員の成長意欲に対して積極的に奨励しサポートしております。私自身、入社から間もない頃は外部のセミナーを色々と受講させていただき、現在の大きな糧になりましたね。

── 「自立」の為のサポートも考えられているのですね。

とくに業務について社長に相談する際は、自身の考えをしっかりと述べた上でアドバイスを求めるという流れが日常の中ででき上がっています。けっして一方的に助言を受けるということではなく、こちらの考えに対してのアドバイスがいつも的確なので、勉強になることがとても多いですね。

── これまでに受けたアドバイスの中でとくに印象的なものはありますか。

自分の考えを述べる時には結論だけを考えるのではなく、そこに至るまでのプロセスをきちんと持つということですね。プロセスをしっかりと持ち、それを伝えることで相手にもこちらの意図が伝わりやすくなります。逆に、プロセスをきちんと持っていないと、私自身の中で生じた不安が相手にも伝わってしまうと教わりました。

── 第三者の視点でのアドバイスが成長につながっているのですね。

売買に自信 会社全体でサポート

── それでは、御社の強みについてお聞かせください。

本店の創業以来、今日まで売買専門で営業しておりますので、売買に関するサポートではどこにも負けないという自信がありますね。一人ひとりのお客さまへの対応について、各種書類の精査や物件の調査等、すべての面において一切妥協せずに取り組んでまいります。また、こちらのミスでお客さまにご迷惑をおかけしないようにも細心の注意を払っており、「お客さま第一」の精神で接客に臨んでいます。

── 売買の際によく尋ねられることはありますか。

売却の場合ですと、相続の問題や土地と建物とで名義が異なるといった相談があり、売りづらさを感じているお客さまを見受けます。場合によっては社内全体で案件の問題点を共有し、お客さまのためのよりよい解決策を考えるようにしています。社長を始め経験豊富なスタッフがおりますので、会社で一丸となってお客さまのサポートを心掛けていますね。

── 社内でバックアップ体制が整えられていると、お客さまとしても心強く感じると思います。

購入をご希望されるお客さまについては、グーホームのサイトを見てご連絡をくださるなど、インターネットを介してやり取りすることも多くなりました。ネットで情報公開するとリアクションが早いということで、ネットに物件情報を上げてほしいという売主さまもいらっしゃいます。県外からの問い合わせも増えており、メールでお話を進めることも珍しくなくなりました。

── 近年は海外のお客さまが沖縄の物件の購入を検討されるケースも増えたと聞きます。

留学で来られた方が沖縄を気に入り、移住の為に物件を購入したいという話もありますね。言語や習慣などの違いでクレームにつながることもありますので、内覧の際などにきちんとお伝えして、売主さまと買主さまとのトラブルを未然に防ぐように努めています。

── 県内外、国内外を問わず多くのお客さまが訪ねて来られる中で、印象に残る場面はありますか。

引き渡しの際にお客さまから「あなたで良かったよ」「ありがとう」と言ってくださったことですね。また、その後に「気軽に訪ねておいで」とご連絡をくださるお客さまもいらっしゃって、すごくうれしいですし、やりがいを感じます。

── お客さまの「ありがとう」は励みになりますね。さて、2016年になりましたが新たな一年に向けての抱負をお聞かせください。

「成長」が大事なキーワードですね。弊社は昨年4月に北谷店、そして同12月に具志川店を開店しました。今年はその勢いを更に上回る「成長」をしていきたいですね。その為にも、各支店が地域のお客さまから頼りにされるよう、基盤をしっかりと固めていければと思います。具志川店はオープンからまだ日が浅いのですが、他の支店にも引けを取らないようがむしゃらに頑張って、地域一番の店舗となれるように期待に応えていきたいです。

スポーツトレーナーから営業職へ転身

── 浜元さまが仕事をするうえで大事にされていることは何ですか。

お客さまはもちろん、社内も含めて、「裏切らない」ということですね。そして、信頼を勝ち取れるように行動することを心掛けています。

── 浜元さまは以前、スポーツジムで勤務されていたと聞きました。

もともと不動産に興味があったので、チャレンジしてみたいと思い転職に至りました。スポーツジムでは幅広い年代のお客さまが来られていたので、年齢層に合わせた接し方などは今の仕事にも生かされていますね。その反面、営業職は弊社が初めてだったので、接遇マナーは身に着けるまでに苦労しました(笑)。

── 趣味などはありますか。

社会人のフットサルチームに所属しています。昨年ヒザを手術したこともあって活動を控えていますが…。あと、体を動かすことが好きなので、ジムに通っています。

── 今年チャレンジしてみたいことなどはありますか。

マリンスポーツは興味ありますね。ジェットスキーの免許など取得できたらいいですね(笑)。

株式会社てぃーだカンカン不動産

株式会社てぃーだカンカン不動産

所在地

沖縄県うるま市宮里55番地1

営業時間

09:30~18:30

定休日

日曜・祝日

お問合せ

通話無料0066-96837-631575

会社の詳細を見る