株式会社ハピネスプロジェクト 銘苅 徳人(めかる のりと)さん|沖縄の不動産会社インタビュー

不動産会社トップインタビュー 不動産会社トップインタビュー

那覇市の不動産会社:株式会社ハピネスプロジェクト 銘苅 徳人(めかる のりと)さんへのインタビュー 那覇市の不動産会社:株式会社ハピネスプロジェクト 銘苅 徳人(めかる のりと)さんへのインタビュー

業務効率化とチームワークでお客さま第一主義の実現へ

株式会社ハピネスプロジェクト
代表取締役社長
銘苅 徳人(めかる のりと)── 2021年01月号掲載

座右の銘は「常に明るく、前向きに」「打つ手は無限にある」。
指導者としても活動している空手は、愛娘と一緒にはじめたのがきっかけだとか。

会社の営業活動を支える“5つの柱”

新事務所は国道330号線・壺屋交差点を三原向けに進み、車で1分。クローバーのマークが目印だ。
新事務所は国道330号線・壺屋交差点を三原向けに進み、車で1分。クローバーのマークが目印だ。

── はじめに、御社の概要について教えてください。

社員数は10人で、不動産の賃貸仲介および管理、土地建物売買の仲介・取引、そしてコンサルティング業務を行っております。

那覇市、浦添市、宜野湾市を中心に展開していますが、お客さまのご要望に応じて与那原町や沖縄市など、中南部の物件も対応しております。

── 御社の営業方針をお聞かせください。

「不動産を通してお客さまの幸せと地域の発展をサポート」を理念とし、これを実現すべく具体的な方針を掲げています。
それは、「お客さま第一主義」、「信頼される人、信頼される会社を目指す」、「効率的な活動を展開する」、「チームワークを大切にする」そして「特色ある経営・営業活動を展開する」の5つです。

── 5つの柱が会社の支えになっているんですね。社内のチームワークはどのように高めているのでしょうか。

弊社は賃貸営業、管理、売買の3つの部署が中心となっています。
朝礼と夕礼、そして月2回の定例ミーティングを設け、部署間のコミュニケーションを図っています。部署にとらわれず、社内の情報を全員で共有していくという意図ですね。
そうして、お客さまから担当部署以外への問い合わせがあっても、迅速に対応できる体制を整えています。

── 「特色ある経営」については、どのような取り組みをされているのでしょうか。

「お客さま第一主義」を達成するため、社員満足度の向上に取り組んでいます。
具体的には「残業をしない」、「休日出勤をしない」、「計画的に有休を取得できる体制を整える」といったことですね。
『人は7秒で相手の印象の5割を判断し、その印象は3か月残る』という753の法則もあるので、普段の印象は疎かにできません。社員満足度が高ければ、日々の接遇に心からの笑顔が生まれ、気持ちのよい接客に繋がると考えています。

── お話を伺っていると、5つの柱のうちの「効率的な活動」が社員満足度を支えているように感じます。

そうですね。月間の行動計画を立てていれば、日々の業務を逆算して対応できます。さらにそれを社内で共有しておけば、社員全員でフォローし合う体制を構築できる。

より良いチームワークが「効率性」を生み、ひいては「サービスの向上」に繋がる。そういうサイクルを作るのが私の仕事だと思います。

無駄な業務の整理、計画性、チームで取り組む体制づくり……これらを習慣化すれば効率よく仕事をこなすことができ、社員ひとりひとりの意識も高められる。そして、業務に対する想像力も育めると思います。

── 5つの柱はすべて密接に繋がっているのですね!

社員から見た「自社の強み」とは

── では、御社の強みについてはいかがでしょうか。

弊社の強みについて、社員の皆にも聞いてみましたので、今回はその声を紹介したいと思います。

まずは「物件情報・不動産の運用、有効活用などのご提案について親身に考え、お客さまにとってベストの対応を行っている」。
「社員一人一人がチームワークを大事にし、社員間のコミュニケーションが取れている」。
「社員満足度の高い職場でモチベーションが上がり、働き甲斐がある」。
そして「急な修繕対応などにも迅速に対応できる体制づくり」ですね。

── 迅速に対応できる体制とは?

低予算で可能な修繕内容については弊社の判断で実行できるよう、事前に限度額の取り決めなどを家主さまと交わしています。もちろん、事後報告はしっかり行います。
この体制づくりのメリットは、「家主さまとの連絡を最小限に抑えられる、迅速な対応で長期入居の判断価値に繋がる」といった点ですね。
小さいことの積み重ねではありますが、即日~一週間内で対応することで入居者さまの満足が得られます。なるべく案件を溜め込まないようにし、社員の達成感向上を図るという側面もあります。

── これも効率化の一端ですね。

スピーディに対応することで、万一ミスがあったとしてもリカバリーできるという利点もありますね。
社員の仕事の質の向上は必須。それがお客さまへのサービスの向上に繋がると確信しています。

── 社員の方々が御社の強みについて、細かく挙げられています。社員全員が自身の強みを理解しているのも、大きな強みですね。

2020年10月に事務所移転。地域に愛される企業へ

── さて、御社は2020年10月に事務所を移転したばかり。新事務所はいかがですか。

広くなりました(笑)。社員がより活動しやすくなったと思います。

2020年10月に事務所を移転。広くなったことで、社員が活動しやすくなった。
2020年10月に事務所を移転。広くなったことで、社員が活動しやすくなった。
開放感のあるレイアウトの新事務所。ロフトは会議スペースになっている。
開放感のあるレイアウトの新事務所。ロフトは会議スペースになっている。

── 事務所も新しくなったということで、今後の展望はどうお考えですか。

弊社ができて良かったと、地域の皆さまに感じていただけるような活動をしていきたい。そのためにカーシェアやレンタルボックスの設置など、今の時代に合った働き方やサービスを追求し、独自性のある営業活動を展開していきたいですね。

── 本日はお忙しい中、ありがとうございました!

株式会社ハピネスプロジェクト

株式会社ハピネスプロジェクト 株式会社ハピネスプロジェクト

所在地

沖縄県那覇市寄宮1-10-12

営業時間

10:00~17:00

定休日

土日・ゴールデンウィーク・年末年始

お問合せ

通話無料0066-96837-419138

会社の詳細を見る