リノベーションする前に知っておきたい「費用」と「構造による制約」|沖縄リライフ

リノベーションする前に知っておきたい
「費用」と「構造による制約」

2020.06.25

沖縄リライフ リノベーションする前に知っておきたい「費用」と「構造による制約」

築年数が古くても修繕等の工事をすることで住み続けられる建物も多いため、“家”の概念は今ある建物に新たな価値をプラスし、長く大切に使うストック活用の考え方へ大きく変わり始めています。

最近は沖縄でも中古住宅を購入し、リノベーションして暮らす方が増えていることを踏まえ、リノベーションする前に知っておいてほしい「建物構造による制約」や「費用」についてお話しします。

目次

建物の構造で制約を受ける場合もある

戸建てのリノベーションは比較的自由度が高く、弊社にも「キッチンなど水回りを新しくしたい」、「バリアフリーにしたい」、「リビングとダイニングの壁を取り払って広いリビングにしたい」、「小さな家事室を増やしたい」といった間取りの変更など「リノベーションならなんでもできるよね!」と希望を胸に、お客さまがご相談に来られます。

戸建てのリノベーションはマンションとは違い建物自体を所有しているため、比較的自由に工事をすることができます。それでも、家の築年数や劣化状態によってリノベーションの内容が左右されることがあり、増築の場合は面積などの法規制が絡んできます。 また、建物の構造によっては壊せない壁があったり、配管の問題で希望の間取りが実現できない場合など、建物を解体してみないとわからない問題もあります。これら問題は施工会社によって技術的な解決方法が異なることがあります。

リノベーションは元々ある家をベースにするので新築住宅のように一から造り上げる楽しみとは違い、いろいろな制約が生まれます。その制約をマイナス要因と捉えず、自分の暮らしに合わせて家を変えていくのもリノベーションする楽しみではないでしょうか。

人が集まることが多い客間
Before人が集まることが多い客間
客間にキッチンを配置し、料理等でおもてなししやすく
After客間にキッチンを配置し、料理等でおもてなししやすく
キッチンがあった客間はリノベーション後、主寝室に。
キッチンがあった客間はリノベーション後、主寝室に。

家を建てるより、
リノベーションのほうが安い??

同じ予算内であれば、新築の注文住宅や分譲住宅よりも中古住宅の方が広さや立地の面で、希望に合う物件を探せる可能性が高くなります。

「中古住宅をリフォームするだけ。」「注文住宅で新築を建てるよりも安いから!」とリノベーションを選択する方も多いのですが、“中古住宅+リノベーション”は新築分譲住宅が買えるくらいの金額になることもあります。

たとえば、床材をペット専用の素材に変更したり間取りを大きく変更すると、総工費が大きくなるのは間違いありません。また、経年劣化に伴う補強工事が必要になり別途費用が発生する場合もあります。リノベーションの内容次第で費用は大きく変わるため、必ずしも家を建てるよりリノベーションのほうが安いとは限りません。

キッチンが独立している昔ながらの間取り
Beforeキッチンが独立している昔ながらの間取り
明るく広い間取りで、家族が住まいの中心でくつろげる空間に!
After明るく広い間取りで、家族が住まいの中心でくつろげる空間に!

リノベーションをする人が増えているのは「理想の家」にしたいから。

建物の制約をうける場合もあり、費用も決して安いとは言えないリノベーションですが、なぜここまで広がってきているのでしょうか。

リノベーションの良さは家族構成や暮らし方に合わせた間取りにしたり、自分好みの内装や設備を選ぶことで、自分たちに合った理想の暮らしを実現できることです。費用に関してもリノベーションする箇所に優先順位をつけて調整することで抑えることが可能です。一概には言えませんが、新築の分譲住宅よりも自由度が高く、注文住宅よりもコストが抑えられると思います。

リノベーション費用に1,000万円以上というと「高い!」と驚く人もいますが、それでもこの金額で理想の家が手に入るなら、決して高くはないと感じる人もいるでしょう。新築分譲住宅と同じ予算を使ってリノベーションした場合でも、自分好みの内装や設備を選べる分、満足度が高くなるケースも多くあります。

落ち着いた色でまとめられた施工前の玄関。
Before落ち着いた色でまとめられた施工前の玄関。
玄関や床はそのまま。靴箱やクロスを替えるだけで明るい玄関に。
After玄関や床はそのまま。靴箱やクロスを替えるだけで明るい玄関に。
洗面室もホワイトを基調にし、清潔感がアップしました。
洗面室もホワイトを基調にし、清潔感がアップしました。

リノベーションする際には「リノベーションで何を実現したいのか」について家族やパートナーとたくさん話し合い、これからの暮らし方に対する意見をしっかり共有することが重要です。一緒に考え一緒に作り上げることで理想の住まいを追求できるのはもちろんのこと、なにより住んでからも住まいにより愛着を持てるのではないでしょうか?

この記事を書いた人

嘉手刈 麗子(かでかる れいこ)

嘉手刈 麗子(かでかる れいこ)

住む人、使う人にとって納得できる住まいの間取りや資材選定・資金計画など、おうちづくりのサポートをしています。

有限会社トクマサ工業 La.fit

有限会社トクマサ工業 La.fit リノベーション協議会

考え方や好みは、十人十色。既成概念にとらわれず、住む人、使う人にとことん向き合い、
「デザイン」「住み心地」「価格」この3つのバランスを大切に一緒に作り上げる。

それがLa.fitのリノベーションスタイル。暮らしをトータルでサポートします。

※有限会社トクマサ工業 La.fitはリノベーション協議会の会員です。

関連記事